はじめに | かんたん金融計算 [講座] | 逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓rpnの実践ウェブ   
rpn hacks! アールピーエヌ・ハックスサイトマップ

rpn | 講座 | かんたん金融 | お金を貯める、借りる、運用する金融計算のイロハを学習。

HOME > 講座 > かんたん金融 > はじめに hatena yahoo buzzurl livedoor del.icio.us nifty newsing twitter facebook rss ソーシャルブックマーク

かんたん金融計算のはじめに

かんたん金融計算の”はじめに”です。本講座の狙いについて書いてあります。

ダイジェストLinkIconも一読された上で、かんたん金融計算講座を受講するかどうかの判断にお使いください。また、ページ右に試し読みLinkIconも用意してあります。納得された上での受講、お待ちしております。

はじめに

 あなたは得したいと思っていますか。当然ですよね。損だってしたくありませんよね。でも、あなたの取引相手も得したいと思っているし、損はしたくないと思っています。つまり、お金を投資する側(貸す側)も投資される側(借りる側)も目的は同じです。

互いの金融知識が同じなら、お金を融通する取引の場では、双方が満足のいくポイントを妥協点として、利率や期間等を決定すればいいでしょう。しかし、残念ながら大抵の場合は金融知識や経験に差がある状態で取引が進むことが多いですよね。特に企業間の取引はまだしも、企業と個人(消費者)の取引の場合はその差は決定的でしょう。

お金の話には騙しや罠がいっぱい

 実際に、普通・定期預金のような元本保証の商品は別として、株や債券といった投資話には罠がいっぱいです。怪しいエビの養殖といった投資話は論外としても、良い取引をしたように思える投資信託も販売手数料や信託報酬を加味してなお、リターンを得るというのは難しいことです。経済的に成長著しかった時期に投資した人や高値で売り抜けた人など、幸運な人以外は芳しい運用結果にはならないでしょう。

ちなみに、貯蓄性のある生命保険なども同じ部類です。保険は株や債券とは異なるという考えは分かりますが、保険も金融商品です。高い付加保険料や途中で解約する確率をすべて考えて、個人よりも企業側が有利なように取引が組まれています。

銀行員、郵便局員、証券マン、保険外交員、代理店、TVCMであろうが、すべての取引相手はあなたと同じように得することを考えています。誰もあなたの財産を富ましてあげようと、親切に相談にのったり勧誘したりはしません。

銀行、証券、保険業界の巨大な企業(大きなビル、土地、社員数のどれをとっても)が長期間安定して存在できていること自体、過去の多数の取引において彼らに有利だったことの証明でしょう。

金融の知識がないと圧倒的に不利

 投資される側(お金を借りる側)でも同じことが言えます。貸す方が企業、借りる方が個人に変わるだけで、どちらがよりきちんと金融知識を持っているかで、やはり取引の妥当性が決まります。

例えば、住宅ローンや自動車ローン、学資ローン…にも沢山の商品があります。どの商品があなたにとって有利なローンになるのかを判断するためには取引相手に負けない金融知識が必要です。無理な借り入れは必ず将来の返済苦につながるでしょう。自分の生活レベルを維持しながら、返済に困らない程度の返済額をいくらに見積もり、そのための利率や期間を逆算したりできることが必要です。ローンの借り換えも然りです。後から後悔しないためにも商品の比較検討ができるくらいの知識は必要ですよね。

rpnの金融電卓で対等な立場に

 でも、取引相手と同等の金融知識なんてすぐには無理ですよね。それに金融計算も難しそうです。そこで、取引相手に煙にまかれることがないように、たった5つの項目だけを考えていきます。交渉で出てくる利率や期間などを項目に当てはめて金融計算して、「結局こういうことですよね」とゆっくりと相手と話を詰めていけばいいのです。急ぐ必要はありません。そして、あなたが疑問に思うことがあったら、理解できるまで問い質すことが肝心です。

さて、その金融の計算ですが、基本を押さえていれば恐れる必要はありません。もちろん、難しい計算式を追いかけながら電卓を叩くということは避けて、できる限りカンタンに計算したいですよね。

そこで、登場するのが金融電卓です。定期預金、積立、ローン、償還、リースなど、金融関係の計算が迅速にできるように設計された電卓ですが、量販店ではあまり売られてはいませんし、それなりに高価です。その電卓機能の一部をrpnで実現してみました。

この電卓では、必要な項目を設定するだけで、後はrpnが計算してくれます。ローンの利率や毎月の返済額、債券の額面などすぐに答えが出てきます。その答えを商品同士で比較したり、返済能力を考えながら契約の妥当性を考えればいいのです。

個人であっても、金融の知識を持って金融計算がしっかりできることは、得する取引、損しない取引を勝ち取るために必要不可欠です。rpnを使えば、あなたも金融計算を自在に操ることができる礎を手にすることができるのです。

警告かんたん金融計算講座を受講するには、別途rpn標準版を購入する必要があります。詳しくは本ウェブサイトのプロダクトを参照ください。

警告本講座の記事やプログラムの正確性については最大限の注意を払っていますが、これらを利用することにより生じたいかなる損害についても、一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

カンタン金融パッケージ

かんたん金融

金融電卓を使いこなそう

※本講座のトップへ

  ※0) はじめに/ダイジェストは
     無料公開されています。

紹介 rpnの利用シーンはこちら…


講座しっかり学べるrpn入門もどうぞ
講座すぐに使えるdos入門もどうぞ

物語気楽に読めるrpn物語もどうぞ
物語気楽に読めるdos物語もどうぞ
物語データを見抜くojt物語もどうぞ

試し読み版  

かんたん金融(試し読み版)

情報申し込み(無料)が必要です。