ビジネス統計 [講座] | 逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓rpnの実践ウェブ   
rpn hacks! アールピーエヌ・ハックスサイトマップ

rpn | 講座 | ビジネス統計 | ビジネスの実戦で役立つ統計手法をしっかりと学習。

HOME > 講座 > ビジネス統計 hatena yahoo buzzurl livedoor del.icio.us nifty newsing twitter facebook rss ソーシャルブックマーク

ビジネス統計ビジネスの現場で使える。即戦力の統計手法

ビジネスの現場では、たくさんのデータが飛び交います。重要なデータもあれば、無視していいデータもあって、まるで玉石混合状態です。その中で必要なデータを捉えて、現状の把握や今後の傾向予測を行なわなければなりません。

棒グラフや折れ線グラフによる対比や推移は分かりやすいものですが、どうしても見る人の主観が入りやすく信頼性に劣ります。曖昧さのない分析結果を提示できないようでは、社内のライバルとの差別化もできませんし、他社との競合にも負けてしまいます。誰もが反論できない、しっかりとした統計に裏づけされた分析が必要になります。

厳密で正確な分析にはデータの統計的な推定、検定、予測技術が欠かせません。しかし、ビジネスの現場で統計を使うときに公式の理解や証明は一切必要ありません。統計技術の利用価値さえ分かっていれば十分に活用可能です。統計は語るものではなく使うものなのです。

ビジネス統計講座には基礎、推定、検定、単回帰、トレンド、重回帰、発展のコースがあります。コースで使用するプログラムやデータも添付されていますので、テキストに沿って実際に使いながら学ぶことができます。受講終了後も添付されたプログラムを使って、各自の問題解決に利用できるリーズナブルな講座です。

基礎編
統計の必須課程(p.83) [プログラム24本付]

数種類ある平均、標準偏差、分布、これらの基礎をしっかりとマスターしている人は意外に少ないものです。千里の道も一歩から。ビジネス統計の基礎中の基礎です。

推定編
サンプルで値を推定(p.127) [プログラム18本付]

客数、売上、生産の平均値…。まさか、平均値が信頼できるとは思っていないでしょう。実際にはある範囲でばらつきます。その範囲を知れば安心して計画が立てられます。

検定編
信頼できる値か検定(p.210) [プログラム24本付]

懸命にデータ収集して算出した平均や偏差値。本当に信用していいんだろうか。去年の平均と違いがあると言い切れる?統計的に検定できればズバリ判断できます。

単回帰編
値の相関性から予測(p.212) [プログラム13本付]

過去のデータから未来の値を予測するには?推定や検定といった現状把握にとどまらないアクティブな予測に踏み込みます。広告費と売上には関連式がある?売場面積とは関連式がある?このような疑問に曖昧なく答えることができます。

トレンド編
さまざまなトレンド分析(p.362) [プログラム11本付]

相関性だけで予測できるほど単純ではない現象が多くあります。誤差を相殺し周期性を捉えることによる長期的な傾向把握。季節変動や製品の成熟度によるシェアの変遷など、いろんな時系列データに対して、現状把握とアクティブな予測を試みます。

重回帰編
絡み合う要因から予測(p.325) [プログラム7本付]

ビジネスの場で、特に応用の利く解析手法が重回帰分析です。複雑な要因が隠れている多種類のデータから、絡み合う関係を統計的な処理により数式のレベルまで引き上げます。重回帰分析を考慮済みのビジネス戦略なら誰も否定はできません。

発展編(予定)
高度な統計的分析

各部門の成長率とシェア率からの今後の動向把握。年齢と嗜好の軸からのアンケート対象者の特性。特徴からみた生物の分類…。上記の講座では不可能なジャンルのデータ分析です。ここまでくればビジネス統計のグランドマスターです。

情報p.から続く数字は、講座テキスト内の文字数を400字詰原稿用紙(全角文字)に換算した場合のページ数の目安です。文字数には英数字、記号が含まれます。

まとめて表に書くと難しそうに見えますが、rpnを使っての実践的な講座なので、使い方さえ覚えれば統計的なセンスがまちがいなく身につきます。例題も身近なものやビジネスで使用するような現実的なものを中心に設定してあります。

実践的なのでビジネス以外にもオススメです。学術的には社会学、自然科学、心理学、経済学、政治学、医学…。実践的な応用としては金融、開発、製造、品質、調査、広告、流通、営業…と、統計処理の原理は同じなので、アイデア次第で十分に活用できるでしょう。

なにより、生のデータを使ってrpnで計算しますので、統計的な理論や数式は忘れてもらってかまいません。必要なのはデータとrpnプログラムだけです。ビジネスで使うことを前提にした教材で、これだけの範囲を短期間に学習できる教材やテキストはほとんどないのが現状です。

警告ビジネス統計講座は基礎編から発展編まで、順に受講することを前提にしています。統計は筋道を立てて学ぶことが使いこなしへの近道になります。そのため、前のコースの理解が後のコースでどうしても必要になってきます。また、前のコースで使用したプログラムを後のコースでも使用していくため、テキストに沿ってスムーズに学習するためにも順を追った講座コースの受講を強くお勧めします。

なお、現在のところ、無料で公開しているのは、基礎編のはじめにLinkIconダイジェストLinkIconなど、各コースの”はじめに”と”ダイジェスト”のみです。その他は有料サービスとなります。

  • 事前に受講したいコースを注文します。
    • ビジネス統計講座のコースを購入すると、講座で使用するrpnプログラムとデータのダウンロード先、および講座の閲覧パスワードが通知されます。
  • 右サイドバーから受講したい講座の章を選びます。
  • パスワードを入力してPDFを閲覧します。
    • 表示されるまで若干時間が掛かることがあります。

最新版のPDFをいつでも閲覧することができます。また、講座の表記ミスや瑕疵はサポートに訂正情報として可及的速やかにPDFを修正していきます。また、rpnを実際に使いながらのオンライン講座をイメージしていること、違法コピーを防ぐことなどから、PDFは印刷不可となっています。あらかじめ御了承ください。

カートオンライン講座の受講申込は… ビジネス統計講座LinkIcon

警告ビジネス統計講座は、rpn標準版の購入が前提になっています。

警告本講座の記事やプログラムの正確性については最大限の注意を払っていますが、これらを利用することにより生じたいかなる損害についても、一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

情報姉妹ソフトウェアのxypやnpdがあれば、グラフ表示など講座に記述されたとおりに実行することができるので、より効果的に学習できます。

広報PDFを読みながら実際にrpnやxypを使って学習することで、会得するスピードも深さも格段に違いが出ます。学び終わったあとも、rpnとビジネス統計を実戦にどんどん使っていってください。一生使えるスキルです。

統計処理パッケージ

基礎編

推定編

検定編

発展編

ビジネス統計(発展編)

  • 0) はじめに/ダイジェスト
  • 1) 残差分析
  • 2) レートシェア分析
  • 3) クラスター分析
  • 4) デンドログラム
  • 5) コレスポンデンス
  • 6) 主成分分析
  • 7) マトリクス分析アラカルト
  • 8) クラスター分析アラカルト
  • 9) コレスポンデンスアラカルト
  • 10) 主成分分析アラカルト

※本講座のトップへ

  ※0) はじめに/ダイジェストは
     無料公開されています。

試し読み版  

認証有料のPDFが正常に表示されるか事前に確認したい方はこちら