ディフ分析 part2 (現場の比較アラカルト) | かんたんデータ分析 [講座] | 逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓の実践ウェブ rpn hacks!

逆ポーランド電卓rpnの実践ウェブ   
rpn hacks! アールピーエヌ・ハックスサイトマップ

rpn | 講座 | かんたん分析 | 誰でもエキスパートになれるデータ分析のレシピを学習。

HOME > 講座 > かんたん分析 > ディフ分析 part2 (現場の比較アラカルト) hatena yahoo buzzurl livedoor del.icio.us nifty newsing twitter facebook rss ソーシャルブックマーク

かんたんデータ分析 ディフ分析 part2 (現場の比較アラカルト)

昨年との対比、つまり昨対はビジネスでは特に気になります。物事を一つ上の視点で捉えるためにも、昨対でどれくらい拡大・縮小しているのかを比率で知ることが大切です。

情報coldif, coldiv, rownum, cols, rowmean, colはカンタン分析パッケージに同梱されています。xypとnpdはrpnの姉妹ソフトウェアです。詳しくはプロダクトを参照ください。

カンタン分析パッケージ

情報図表や式がページ区切りで改行されることがあります。連続ページの閲覧にて御了承ください。また、パソコンの環境によっては先頭ページから表示されないことがあります(IEブラウザ)。1ページ目に戻って閲覧ください。

注意pdfの正誤情報とTIPSはこちら

警告rpn標準版(2kリビジョン)はダブルクォートで囲ってください。

rpn 1 2 + ⇒ rpn "1 2 +"
rpn 1 -c foo ⇒ rpn "1" -c "foo"

ダブルクォートは省略できることが多いのですが、慣れない間は囲んだほうが無難です。なお、本ウェブサイトの記事ではrpn標準版(98リビジョン)を使用しているため囲っていません。詳しくは技術サポートの「rpn TIPS」を参照ください。

注意rpnの障害情報と対策はこちら